みーちゃんママの子育てアイテム情報室!

ベビーカー:A型、B型、AB型??

ベビーカーを選ぶ際に、まず知っておかなければならないことは、ベビーカーには『型』があるということです。

 

A型、B型、AB型という、血液型のような区分があります。

 

使用する状況や、赤ちゃんの育て方によって、形式を選択します。

 

 

 A型ベビーカー

 

A型ベビーカーとは、生後1か月程度〜2歳ころまで使用できるタイプを言います。

 

つまり、リクライニング機能がしっかりしていて、赤ちゃんを寝かせることができるタイプです。

 

後にも述べますが、最近はA型ベビーカーの機能が向上し、4歳くらいまで使用できるものが増えてきています。

 

本来は、AB型というジャンルだったのですが、現在はA型≒AB型という感じになっています。

 

 

 B型ベビーカー

 

B型ベビーカーは、赤ちゃんの首がすわった6〜7か月頃から使用するものです。

 

リクライニング機能に制限があり、軽量でコンパクトになったタイプです。

 

首のすわっていない赤ちゃんは対象外なので、衝撃吸収性能やボディの頑丈さはA型には劣りますが

 

コンパクトで軽く、持ち運びやすいこと、また収納という点でも小さくまとまって便利です。

 

 

 AB型ベビーカー

 

AB型ベビーカーは、生後1か月程度から利用できるリクライニング機能がついており、かつB型のように軽量でコンパクトなタイプを言います。

 

しかし、前述のようにA型ベビーカーの機能向上により、現在はA型≒AB型であると考えて問題ありません。

 

 

 どのように使い分けるか

 

では一体、ベビーカーをどう選んでいるのかというと、

 

大きく分けて次の3通りのタイプが主流といえそうです。

 

 

(1) 『A型≒AB型』 1台で使い切ってしまうタイプ

 

  A型ベビーカーの機能が向上し、軽量化しつつあるため

 

  1台使い切りという人が多くなってきています。

 

(2) A型→B型と2台使い

 

  子どもが大きくなってから、よりコンパクトなB型に

 

  買い替える人も結構います。

 

  B型は値段が安く、コストパフォーマンスに優れます。

 

(3) 抱っこひも→B型派

 

  こういうパターンもあります。

 

  首が座るまでは、抱っこひも。

 

  首が座ったら、B型(もしくはAB型)ベビーカーにします。

 

 

私がオススメするのは(1)もしくは(3)のタイプで『Air Buggy』です。

 

→ オススメはやっぱり『Air Buggy』 へ

関連ページ

オススメはやっぱり『Air Buggy』
赤ちゃんが生まれ、育児に必要だろうな〜と、いろいろなアイテムやグッズを購入したけれど、結局使わなかった物って結構ありますよね。ここでは私が子育てするに当たって、本当に役立った物だけ選りすぐって紹介します。
エアバギーとマキシコシ
赤ちゃんが生まれ、育児に必要だろうな〜と、いろいろなアイテムやグッズを購入したけれど、結局使わなかった物って結構ありますよね。ここでは私が子育てするに当たって、本当に役立った物だけ選りすぐって紹介します。